寺社・仏閣

2019年11月17日 (日)

大蔵経寺

 初めて聞くお寺さんでした・・・

 立派なお庭です・・・

Apb120036

 京都の天龍寺を思わせるような・・・

 右手前が、亀石です・・・

Apb120040

 お庭を右手から・・・

Apb120043

 古いお寺のようでしたが、何回も消失しており、現在のものは200年ほどとか・・・

 見所がたくさんあるお寺さんのようですが、ツアーでは時間が許さず・・・

 住職にお尋ねしたところ、年中無休ですよとのことでしたので、また個人的に伺うことにしよう・・・

 後ろ髪をひかれるように、お寺さんを後にしました・・・

 撮影は、2019年11月12日

2019年11月16日 (土)

恵林寺

 ツアーの昼食後、ほんのちょっと立ち寄りました・・・

 本日12日は、信玄公の月命日ということで、墓所まで参拝できるということでしたが・・・

 残念ながら、時間がなく断念・・・

 遠目にお庭を・・・

Apb120028

 左横には、鮮やかな・・・

Apb120029

 お庭をズームしてみました・・・

Apb120031

 仏舎利宝塔とありました・・・

Apb120035

 ほんの10分ほどしか時間がなく、サクッと見学・・・

 たまたま信玄公の命日で、墓所まで参拝できたのに・・・

 実は、次なるお寺さんも見どころ十分のところのようで・・・

 またの機会に、訪れるとしよう・・・

 撮影は、2019年11月12日

2019年6月16日 (日)

花の窟神社

 日本書紀にも記されている、日本最古の神社といわれる、世界遺産に登録されている花の窟(いわや)神社へ・・・

 約170mの大綱を、岩窟の上45m程の高さの御神木から、境内南隅の松の御神木に渡します・・・

 この御綱掛け神事は、太古の昔から行われています・・・

 入口です・・・

Ap5180130

 先程の岸壁の高いところから、二本の綱が・・・

Ap5180129

 岩肌の根元には、神々の母であるイザナミノミコトが祀られています・・・

Ap5180132

 何かとても不思議な空間です・・・

 宗教というものが、どのように生まれてくるのか、とても興味深いものでした・・・

 撮影は、2019年5月18日

2019年6月10日 (月)

速玉大社

 椥の御神木です・・・

Ap5180110

 境内へ・・・

Ap5180114

Ap5180113

 背後の木々に、守られています・・・

Ap5180115

 もみじの緑が、目に優しいです・・・

Ap5180119

 熊野の三社のラストを飾りました・・・

 これで、三社コンプリートです・・・

 何か日本人の原点を感じる熊野でした・・・

 撮影は、219年5月18日

2019年6月 8日 (土)

青岸渡寺

 那智大社のおとなりには、青岸渡寺が・・・

 神仏習合の名残です・・・

 ちなみに、こちらは西国三十三ヶ所第一番札所となります・・・

 本堂でお参りします・・・

Ap5180087

 境内から、三重塔と那智の滝を・・・

Ap5180088

 灯篭から、滝をのぞいてみました・・・

Ap5180091

 引いて、今一度、燈籠から那智の滝を・・・

Ap5180097

 お寺の方へ戻ると、立派な彫刻を見つけました・・・

Ap5180093

 灯篭も時代を経て・・・

Ap5180094

 本堂を横から・・・

Ap5180096

 風が強くなってきて、滝の流れも流されています・・・

Ap5180102

 神社とお寺が、すぐお隣さんで・・・

 となりの那智大社で二礼二拍手一礼で、お参りし・・・

 わずか1分ほどで青岸渡寺にたどり着くので・・・

 こちらは、お寺さんなので、合掌です・・・

 ここからの那智の滝の眺めは、素晴らしいです・・・

 撮影は、2019年5月18日

2019年6月 7日 (金)

那智大社

 467段の石段をのぼり、那智大社へ・・・

 お社です・・・

Ap5180084

 クスノキは、生命力に溢れています・・・

Ap5180085

 早朝の雨で、濡れている石段をのぼりました・・・

 長丁場なので、一定のリズムを刻み、ゆっくりと登るよう心がけました・・・

 参拝することにより、疲れも吹き飛んだような気になりました・・・

 心洗われるスポットです・・・

 撮影は、2019年5月18日

2019年6月 4日 (火)

補陀洛山寺

 今にも雨が降りそうな、厚い雲の下での本堂・・・

Ap5170065

 平安~江戸時代にかけて、小さな船に閉じこもり、30日分の食料を携えて、生きながらにして南海の彼方にあると信じられていた観音浄土を目指すという、補陀洛渡海船の出発点です・・・

Ap5170064

 こんな船で海に出るということは、死を意味するということだったでしょう・・・

 どんな思いで、死出の旅に出たのかと思うと、胸が詰まる思いです・・・

 撮影は、2019年5月17日

2019年6月 3日 (月)

大斎原

 本宮より大斎原へ・・・

 昔はこの入口の奥に本宮がありましたが、水害により本宮の位置を変える必要が生じたとのことです・・・

 それにしても、鳥居がでかい・・・

 近づくと、全容を捉えきれません・・・

Ap5170062

 中央の金色の部分をズームすると、八咫烏が・・・

Ap5170063

 スケールの大きさにびっくりです・・・

 撮影は、2019年5月17日

2019年6月 2日 (日)

熊野本宮

 バスを降り、本宮を目指して歩き始めると・・・

Ap5170049

 しばらくアスファルトの上を歩き・・・

 三軒茶屋跡へと歩みを進めると、細い古道へ誘われます・・・

Ap5170052

 高度を稼ぐと、突如視界が開け・・・

Ap5170054

 さらに、見晴らし台からは大斎原の鳥居も・・・

Ap5170055

 4kmほどを歩き切り、拝殿へと・・・

 黒のポストに八咫烏・・・

 この八咫烏、毎年色を変えているそうです・・・

Ap5170058

 拝殿へと進み、参拝します・・・

Ap5170060

 今回、本宮、那智大社、速玉大社と巡りましたが、この本宮は境内に入ったところで、空気感が変わるのをはっきりと感じました・・・

 こういう感覚が、鈍い私でも強く感じることができたので、正直嬉しかったです・・・

 修験の道を歩き、参拝した本宮・・・

 貴重な体験をさせていただきました・・・

 撮影は、2019年5月17日

2019年6月 1日 (土)

滝尻王子

 富田川と石船(いしぶり)川が合流する地点にあり、熊野九十九王子社のうち、最も重要視された社格の高い五体王子社に数えられている・・・

 また、後鳥羽上皇の一行も、この社前で御歌会を催されたと伝えられている・・・

 到着です・・・

Ap5170040

 古いお社です・・・

Ap5170044

 お社の裏手からは古道への入口が・・・

 ここから急登だそうです・・・

Ap5170043

 野辺の花は美しく・・・

Ap5170046

 ここから熊野本宮を目指していきます・・・

 本当に修験の道という感じです・・・

 今回はツアーで来ているので、観光バスで本宮へと向かいましたが、時間があれば、ゆっくりと歩きたいと思うのでした・・・

 そんなにゆっくりとしているところでは、ないのかもしれないが・・・

 撮影は、2019年5月17日

より以前の記事一覧