東京の庭園

2018年12月31日 (月)

大田黒公園

 荻窪にある大田黒公園へ・・・

 12月2日のライトアップ終了までに出掛けたかったのですが、残念ながら叶わず・・・

 ネットでチェックしてみたところ、紅葉はまだ楽しめそう・・・

 荻窪の駅から住宅地の中を通り過ぎ、10分ほどで到着・・・

 到着です、曇天もなかなかの雰囲気・・・

Apc070072
 中に入ると、なかなか華やか・・・

Apc070073
 前へと進んでいくと、大分散りが進んできたようです・・・

Apc070077
 中門を通り、いざ庭園へ・・・

Apc070078
 オレンジが訴えかけてきます・・・

Apc070081
 枝振りが絡み合い・・・

Apc070082
 オレンジが一面に・・・

Apc070086
 庭園の真中に一本・・・

Apc070087
 ズームしてみます・・・

Apc070093
 後ろは大田黒氏の記念館になります・・・

Apc070097
 赤のシャワー、きれいですね・・・

Apc070105
 池の方へと向かいます・・・

Apc070110
 池の向こうに四阿が・・・

Apc070113
 最後の頑張りです・・・

Apc070118
 黄色が新鮮・・・

Apc070123
 ライトアップの時には、絶好のポイントになりそう・・・

Apc070125
 ノスタルジー・・・

Apc070128
 茶室の前には・・・

Apc070131
 帰りがけ、中門から公孫樹並木を・・・

Apc070134
 一面を覆う・・・

Apc070136
 たまたま誰もいなくなりました・・・

Apc070143
 音楽評論家の大田黒氏の邸宅跡を、氏の遺志により、杉並区に寄付されたものだそうです・・・

 正門から長く続く公孫樹並木は圧巻・・・

 並木を過ぎ、中庭へ入ると、雰囲気は一変・・・

 何とこの公園、入場無料です・・・

 ライトアップの時期に、必ず訪れたいなと思うのでした・・・

 撮影は、2018年12月7日

2018年4月15日 (日)

昭和記念公園 春の花たち

 立川口の入口では、春がお出迎え・・・

Ap4020008
 中に入ってみると・・・

Ap4020009

 ハナニラ・・・

Ap4020034
 キズイセン・・・

Ap4020119
 ミツマタ・・・

Ap4020036
 シデコブシ・・・

Ap4020037
 モクレン・・・

Ap4020039
 ミツバツツジ・・・

Ap4020042
 ヤマブキ・・・

Ap4020044
 日本庭園のミツバツツジは、透き通るような発色です・・・

Ap4020057
 アセビ・・・

Ap4020081
 シャクナゲ・・・

Ap4020068
 レンギョウが鮮やか・・・

Ap4020069
 盆栽苑のかりん・・・

Ap4020070
 丹頂草、はじめて見ました・・・

Ap4020072
 水仙が涼やか・・・

Ap4020075
 もみじも見事・・・

Ap4020076
 シャガ・・・

Ap4020083
 シバザクラ・・・

Ap4020084
 ハナモモ・・・

Ap4020088
 スミレ・・・

Ap4020096
 桜とチューリップが目立つ本園ですが、春の花が多く咲き誇っています・・・

 今年は、出だしが早いので、置いていかれないように注意が必要です・・・

 そうこうしているうちに、周囲ではつつじが目立ってきたようです・・・

 撮影は、2018年4月2日

2018年4月14日 (土)

昭和記念公園 チューリップ

 あけぼの口からしばらく進むと、ふれあい広場に到着・・・

 多くのアイスチューリップが開花しています・・・

 デンマーク・・・

Ap4020011
 ファーストクラス・・・

Ap4020012

 パープルフラッグ・・・

Ap4020015
 イエローフライト・・・

Ap4020017
 アニースキルダー・・・

Ap4020019
 プリティウーマン・・・

Ap4020021
 渓流広場までやってくると、チューリップの色が見えてきました・・・

Ap4020103
 色とりどりのチューリップたち、オレンジ・・・

Ap4020104
 濃ピンク~赤・・・

Ap4020105
 薄い赤・・・

Ap4020106
 赤・・・

Ap4020107
 ピンク・・・

Ap4020110
 黄・・・

Ap4020111
 褐色・・・

Ap4020121

 黄色のチューリップを紫のムスカリが囲います・・・

Ap4020118
 チューリップとムスカリが水面に写りきれいです・・・

Ap4020126
 桜からバトンタッチを受けたチューリップは、色鮮やかで、元気をもらえます・・・

 満開の状態よりも、このぐらいのほうが、控えめでいいかも・・・

 春を思う存分、楽しめました・・・

 撮影は、2018年4月2日

2018年4月12日 (木)

昭和記念公園 桜

 JR立川駅より徒歩で北上し、あけぼの口より入り、最初に出会った枝垂桜・・・

Ap4020001
 近づいてみると、満開・・・

Ap4020002
 近くの通りの桜は・・・

Ap4020003
 桜と柳とレンギョウのコラボ・・・

Ap4020006
 ふれあい橋を仰ぐ桜・・・

Ap4020023
 残堀川沿いから、さつき橋までは、桜吹雪が舞っています・・・

Ap4020025
 可愛いですね・・・

Ap4020027
 さくら橋から、ふれあい橋方面を・・・

Ap4020032

 花木園から対岸の桜を・・・

Ap4020041
 みんなの原っぱでは・・・

Ap4020046
 桜の樹の下は、気持ちよさそう・・・

Ap4020048
 菜の花と桜のコラボ・・・

Ap4020050

 見事です・・・

Ap4020051
 こんな構図はいかが・・・

Ap4020054
 圧巻です・・・

Ap4020056
 日本庭園の枝垂桜・・・

Ap4020062
 池の上を渡してある橋の上から・・・

Ap4020066
 こもれびの池では、見頃を過ぎていました・・・

Ap4020092
 チューリップと桜の競演・・・

Ap4020112
Ap4020113
 都心の桜が3/31・4/1の土日がピークということで、立川ならば、2,3日は遅いだろうと思い、4/2に出かけてきました・・・

 部分的には、ピークアウトしている桜もありましたが、公園北部の桜は満開でした・・・

 平日なのに多くの人出にびっくり、でも昭和記念公園は広く、それほどストレスを感じません・・・

 今年の桜は、余韻を残す暇もなく、あっという間に過ぎ去ってしまいましたが、花々はきちんとバトンタッチ・・・

 公園西部では、チューリップが3~4分咲きでしょうか、桜から主役の座を受け継いでいるようです・・・

 なお、この4月より入場料が改定され、大人は450円となりました・・・

 撮影は、2018年4月2日

2018年3月13日 (火)

昭和記念公園 日本庭園

 日本庭園の入口となります・・・

Ap2230209
 門にはこんな細工が・・・

Ap2230211

 中に入ると、左手には菰巻きが準備されています・・・

Ap2230212
 反時計回りに進むと、四阿の昌陽が・・・

Ap2230217
 額縁に切り取ってみました・・・

Ap2230219
Ap2230222
 明かりが取られています・・・

Ap2230221
 右手の橋の方向を・・・

Ap2230223
 舟遊びの船も係留されていました・・・

Ap2230226
 その上方には、雪吊りが・・・

Ap2230227
 亀島ということでしょうか・・・

Ap2230231
 左手は清池軒、右手は歓楓亭・・・

Ap2230232
 先ほどの昌陽を、別角度から・・・

Ap2230233
 滝の流れも作られています・・・

Ap2230235

 雪吊りを正面から・・・

Ap2230239
 清池軒を正面から・・・

Ap2230241
 歓楓亭を正面から・・・

Ap2230242
 石に流れ方に風情があります・・・

Ap2230243
 盆栽苑の中で見つけた仏手柑・・・

 蜜柑の仲間です、文字通り仏の手のようで・・・

Ap2230245
 きれいなヒメシャラです・・・

Ap2230247
 濃い青が生命力を訴えています・・・

Ap2230249
 清池軒の中から対岸を・・・

Ap2230255
 歓楓亭の正面になります、お抹茶がいただけるようですが、今回は時間がなく断念しました・・・

Ap2230258
 今回のメインは、この日本庭園でした・・・

 なかなか良く整備されていて、美しい庭園で、見どころも満載・・・

 時間に追われていたので、ゆっくり見ることができませんでした・・・

 次回の訪問時には、丁寧に回りたいと思います・・・

 そして、お抹茶をいただきながら、庭園を鑑賞したいと思うのでした・・・

 撮影は、2018年2月23日

2018年3月12日 (月)

昭和記念公園 風景と花たち

 JR西立川駅の改札を出て左手に進むと、公園入口へと・・・

 入場料410円を支払い、中へ・・・

 最初のショット、正面は水鳥の池です・・・

Ap2230181
 右手へと進みます・・・

Ap2230182
Ap2230183
 花木園梅園では、梅が見頃を迎えています・・・

 八重野(やえやばい)・・・

Ap2230184
 鴛鴦(えんおう)・・・

Ap2230187
 大盃(おおさかずき)・・・

Ap2230192
 藤牡丹枝垂(ふじぼたんしだれ)・・・

Ap2230199
 足許には、福寿草が春を伝えています・・・

Ap2230189

 シナマンサクの特徴あるリボン状の花・・・

Ap2230196
 スノードロップを、花木園展示場脇の園路で発見・・・

Ap2230204
 みんなの原っぱ、広大です・・・

Ap2230205
 モクレンは、開花準備中・・・

Ap2230207

 奥にあるこもれびの里へ向かう途中には、ソシンロウバイ、英語名をWinter Sweet というようです・・・

Ap2230264
 こもれびの里の奥には、セツブンソウも華麗な姿を・・・

Ap2230267
 広大な地を有する当園は、見どころ満載・・・

 老若男女を問わず、目的により楽しみ方は多様・・・

 花を楽しむ方、日本庭園を散歩する方、原っぱで子供と遊ぶ方・・・

 入口から一番奥までは30分ほど要します・・・

 ゆっくりと回るには、2~3時間は必要でしょうか・・・

 今回は、時間があまり取れなかったもので、急ぎ足でしたが、次回は季節を変えて、ゆっくりと回ろうと思います・・・

 撮影は、2018年2月23日

2018年1月 4日 (木)

国立科学博物館附属自然教育園紅葉

 東京都庭園美術館を出て、八芳園へ向かおうと白金台の方へ歩いていこうとすると、となりの自然教育園に人の姿が・・・

 今日は月曜日なので休みのはず・・・

 受付の方に伺うと、紅葉が進んできたので、今日は開園することにしましたとのこと・・・

 ありがたく、入園させていただきました・・・

 中に入ると、すぐに珍しい植物発見、トウモロコシのような形の赤い実が地面からニョキッと出現・・・

 赤くて美味しそうですが、ムサシアブミの実で有毒ということです・・・

Apc040046
 それなりに紅葉しています・・・

Apc040047
 振り返ると、こちらのほうがきれいです・・・

Apc040049
 進む方向は、映画のワンシーンに出てきそう・・・

Apc040050
 赤と黄の重なり具合が良かったので・・・

Apc040053
 こちらの黄色も目立っていました・・・

Apc040054
 水鳥の沼からイモリの池の方面を・・・

Apc040057
 いろいろな色が見られます・・・

Apc040059
 オレンジが美しい・・・

Apc040061
 小道の雰囲気が素晴らしい・・・

Apc040065

Apc040069
 開けたところに目立つ一本・・・

Apc040070
 森の小道を下っていきます・・・

Apc040072
 水生植物園では、ススキが・・・

Apc040075

 東屋の前が、いい感じ・・・

Apc040076
 東屋の中から・・・

Apc040077
 瓢箪池では、木の傾き方と色の対比が絶妙・・・

Apc040078
 瓢箪池の横の小道をのぼっていきます・・・

Apc040082
Apc040086
 振り返ると・・・

Apc040087
 この辺は、まだこれから・・・

Apc040088
 入り口付近に戻ってきました・・・

Apc040090
 東京都庭園美術館から八芳園に向かおうとしていたので、となりの人の動きにびっくり・・・

 入園させていただきましたが、その広さに驚かされました・・・

 紅葉がそんなに素晴らしいわけではないのですが、自然のままの姿に癒されます・・・

 ゆっくりと一周しましたが、自然と一体化したような雰囲気を味わうことができました・・・

 都会のど真ん中に、こんなにも自然が残されたところがあったのかという思いです・・・

 自然の中に身を置きたいという方にお勧めです・・・

 撮影は、2017年12月4日

2018年1月 2日 (火)

東京都庭園美術館紅葉

 JR目黒駅で降り、東京都庭園へ・・・

 駅の横を通る目黒通りでは、公孫樹がきれい・・・

Apc040001
Apc040002
Apc040003
 中に入り、上を見上げると・・・

Apc040005
Apc040006
 通ってきた道を振り返ると・・・

Apc040008
 美術館の外観です、今回は入っていません・・・

Apc040009
 庭園に入りました、芝生の向こうに・・・

Apc040010
 右手に進むと、茶室があります・・・

Apc040014
 茶室にかかるもみじ・・・

Apc040017
Apc040018
 回り込んでみました・・・

Apc040021
 いい具合に紅葉が進んでいます・・・

Apc040023
 紅葉の進み方が一様でないため、こんな感じでした・・・

Apc040024
 いい雰囲気・・・

Apc040027
 小高いところから茶室を・・・

Apc040030
 こちらの紅葉は終盤戦・・・

Apc040033
 こちらは頑張っています・・・

Apc040034
 美術館の建物にかかるもみじ・・・

Apc040035
 茶室の中を撮らせていただきました・・・

Apc040036

 芝生の方へ向かいます・・・

Apc040038
 曇っているのが良かったのかも・・・

Apc040039
 中央の一本がグラデーションがきれいです・・・

Apc040040

 帰路で上空をうかがうと・・・

Apc040042
 入口の公孫樹、立派です・・・

Apc040044
 月曜日に開園している美術館、今回はお庭の様子を拝見しに行きました・・・

 まずは、美術館に向かう通りでの公孫樹が本当にきれいでした・・・

 庭園の入口を入ると、急に視界が開けます・・・

 茶室を中心とした庭園は、想像よりも美しいお庭でした・・・

 それなりに高低差があるので、紅葉の具合もいろいろと楽しめます・・・

 一部工事をしていましたので、日本庭園と芝生の部分を楽しみ、園を後にしました・・・

 工事が終了したら、今回拝見できなかったところを楽しみに、再度訪れたいと思います・・・

 撮影は、2017年12月4日

2018年1月 1日 (月)

夜の椿山荘

 肥後細川庭園を後にして、椿山荘へ・・・

 冠木門の前にいらっしゃた方に断り、庭園へ・・・

 冠木門より入り、すぐ左手に木春堂・・・

Apc030077
 いい雰囲気の門です・・・

Apc030078
 赤くライトアップされています・・・

Apc030079
 左手の階段をのぼっていきます・・・

Apc030080
 無茶庵というそば処です・・・

Apc030081
 ライトアップされたもみじを、さらに満月が照らしています・・・

Apc030082

 しばらく行くと、三重塔がありました・・・

Apc030084
 一番奥には、小さな滝がありました・・・

Apc030085
 池のもみじもライトアップされていました・・・

Apc030086
 艶やかな姿・・・

Apc030094
 肥後細川庭園にほど近く、一度は訪れたいと思っていました・・・

 静かな夜の庭には、人がほとんどいません・・・

 ライトアップされる光量が、思いの外少なかったので、ちょっと期待外れでした・・・

 銘庭と謳われている本庭ですので、もう少し頑張ってほしかったところです・・・

 高低差もあり、なかなかのお庭と拝察されますが、いかにも残念・・・

 撮影は、2017年12月3日

2017年12月31日 (日)

肥後細川庭園ライトアップ

 江戸川橋から徒歩15分、ライトアップされた肥後細川庭園へ・・・

 中に入ると、こんな世界でした・・・

Apc030001
 幻想的な雰囲気です・・・

Apc030002

 紅葉もありました・・・

Apc030005
 雪吊りのライトアップが見事です・・・

Apc030006
 風がなく、水面が穏やかで、まるで鏡のように映し出しています・・・

 実際には、画像よりも相当きれい、感動ものです。あ~いいカメラが欲しい・・・

Apc030010
Apc030009
 このあたりは光は少なく、水面に映し出される光景は素晴らしい・・・

Apc030012
 雪吊りが入ると、華やかになります・・・

Apc030017
 奥の松聲閣(しょうせいかく)の明かりも加わり、一層華やぎます・・・

Apc030029
 上下関係がわからなくなります・・・

Apc030024
 雪吊りが並んでいます・・・

Apc030046
 紅葉を入れてみます・・・

Apc030048
 紅葉が照らし出されます・・・

Apc030051
 光のアートです・・・

Apc030058
Apc030065
Apc030067
 本当に水面が穏やかです・・・

Apc030062
 一周してきました・・・

Apc030066
 満月が出てきました・・・

Apc030074
 江戸川橋から肥後細川庭園に向かう道では、人出は少なそうだったのに、中に入ってみると、結構な人・・・

 中に入ると、一同歓声を上げています・・・

 それもそのはず、池に映る姿は、底なし沼に引きずられるような錯覚を伴います・・・

 そして、その感覚に慣れてくると、皆さんシャッターを押しまくり・・・

 そんなに人は多くはないのかもしれないが、あちこちで渋滞が発生しています・・・

 でも、日中に経験することができない世界を経験できるので、この渋滞はしょうがないでしょう・・・

 あまり、メジャーではないにもかかわらず、知る人ぞ知るというようなスポットのようです・・・

 交通整理のために立たれている係りの方に伺ったところ、こんなに水面が静かなのは初めてかもということでした・・・

 ちなみに、このライトアップ、本日が最終日、本当にラッキーでした・・・

 撮影は、2017年12月3日