寺町通り

2017年5月 1日 (月)

2017 本満寺の桜

 昼食の予約の時間まで、しばらく時間があったので出町柳から急いで本満寺へ・・・

 ネットでは、あの有名な枝垂れは散りはじめとありましたが・・・

 枝垂桜は、あえて写しません・・・

 この散り方でお察しください・・・

Ap4120305
 若干、残っている一部分を・・・

Ap4120308
 変わって、ソメイヨシノは満開でした・・・

Ap4120309
 鐘楼にかかる桜・・・

Ap4120310
 本堂にかかる桜・・・

Ap4120313
 お墓のある裏手に廻ると・・・

Ap4120316
 色濃い紅枝垂れが一本あります・・・

Ap4120317
 白塀に、枝垂れが綺麗です・・・

Ap4120320
 丸々としています・・・

Ap4120324
 本寺の枝垂れとはご縁が叶わず、満開の枝垂れに出会ったことはありません・・・

 いつの日にかとは思っているのですが、なかなか・・・

 出会えた時の感動を胸に、またいつの日にか・・・

 撮影は、2017年4月12日

2014年2月 9日 (日)

佛陀寺

 十念寺から南下し、佛陀寺へ・・・

 山門です・・・

P1250038a

 本堂です・・・

P1250040a

 お庭は、綺麗に手入れがいきとどいており、気持がよいです・・・

 瓦を眺めていると・・・

P1250043a

 こんなところにも、こだわりが・・・

 寺町通りに似合うお寺さんです・・・

2014年2月 8日 (土)

十念寺

 天寧寺からさらに南下し、十念寺へ・・・

 右手には・・・

P1250034a

 本堂ですが、教会のようで珍しいです・・・

P1250035a

 左手に目を移すと、こちらはお寺さんらしさが・・・

P1250036a

 興味をひかれますが、門扉は開かれていません・・・

 時期限定で、公開されることもあるようなので、その時期にまた来よう・・・

 さらに、寺町通りを南下します・・・

2014年2月 2日 (日)

天寧寺

 上善寺より寺町通りを南下し、天寧寺へ・・・

 山門は、額縁門として有名ですが・・・

 本日は、比叡山が顔を出してくれませんでした・・・

P1250022a

 金森宗和の文字が読み取れます・・・

P1250023a

 特徴があります・・・鶏がいるのですが、わかりますか・・・

P1250026a

 比叡山が、顔を見せてくれました・・・

P1250027a

 鐘楼です・・・

P1250028a

 九重の塔です・・・

P1250029a

 庫裡の方向を・・・

P1250030a

 石畳の幾何学模様・・・

P1250031a

 額縁門からの比叡山の遠景を眺められず、残念でした・・・

 当日は、法要があったようで、人がせわしなく出入りしていました・・・

 今回は、あわただしく境内だけを参観させていただきましたが、次回は予約を取って内部を拝観させていただこうと思うのでした・・・

 寺町通りに、似合う寺院のようです・・・

2014年2月 1日 (土)

上善寺

 閑臥庵から、ほど近くの上善寺へ・・・

 山門です・・・

P1250014a

 松と灯篭が美しいです・・・

P1250015a 

 プチ庭園です・・・

P1250016a

P1250017a

P1250018a

 石仏群の地蔵尊・・・

P1250021a

 静かな境内には、誰もおらず、ゆったりとした時間を過ごしました・・・

 ここからは、寺町通りを南下していきます・・・

2014年1月27日 (月)

閑臥庵

 午前中に、買い物をすませて、さて、どうしよう・・・

 寺町通りを歩くことにしました・・・

 地下鉄の鞍馬口から、東へ向かい、ほどなく閑臥庵に到着・・・

 本日は、14:00~予約拝観のため、残念ながら当院は拝観できませんでした・・・

 ちなみに、拝観時間は、13:00~で、夜にはライトアップされます・・・

 本日は、入口だけ御紹介・・・

 黄檗宗の特徴あるいでたちです・・・

 P1250011a

 灯篭に、個性が見られます・・・

P1250012a

 羅漢さんの集合です・・・

P1250013a

 今日のところは、入口だけで通過ですが、また、機会があったら是非再訪したいものです・・・

2013年2月28日 (木)

寺町通りを歩く

  慈照院拝観のあと、俵屋吉富で一服させてもらって・・・

  明日はどうやら天候が危ういようなので・・・

  明日歩くはずだった寺町通りを歩くことにしました・・・

  地下鉄で一駅南下し、丸太町で下車・・・

  市バスで、停留所二つ分進み、寺町通りへ・・・

  まずは、下御霊神社です・・・

P2140171a
  湧水を汲みに来る人が絶えません・・・

  少し南下すると、革堂(行願寺)です・・・

  行円が開いたお寺で・・・

  この上人は、鹿の革皮をまとっていたので、革聖と呼ばれ、寺も革堂と呼ばれるようになったという・・・

  P2140172a

  P2140173a

  P2140174a

  P2140175a

  P2140177a
  お茶の一保堂です、今回はスルーしました・・・

P2140178a
  さらに南下し、村上開進堂で紀州みかんのゼリーである好事福盧(こうずふくろ)を求めたところ、在庫があったので分けていただきました・・・

  さらに進み、御池通りを渡り、三条通りと交差する角にある矢田寺へ・・・

P2140180a

  珍皇寺の迎え鐘に対して、送り鐘として有名です・・・

  この後、烏丸御池まで歩き、一旦ホテルに戻り、予約の時間に合わせて、亀甲屋でコース料理をいただきました・・・

  明日は、11時から仙洞御所の予約が取れています・・・

  しかし、天気は雨か雪のようです・・・

  朝は少しゆっくりしてから出掛けようと思っています・・・

2012年5月10日 (木)

梨木神社

  御所東側に、梨木神社があります・・・

  拝殿より神門を振り返ります・・・撮影は、2009年09月27日・・・

P9270013a
  本殿右手に、萩の花が・・・

P9270015a

  本殿上部は、緑が濃かったです・・・

P9270014a

  萩の寺と言われる梨木神社・・・

  萩のピークはすでに過ぎ・・・訪れる人もまばら・・・

  落ち着いた雰囲気のある古寺です。

2011年10月30日 (日)

清浄華院

  四君子苑から10分ほど徒歩で移動すると、清浄華院の前に到達・・・

Pa290013a

  浄土宗七本山の一つであり、平安時代に清和天皇の勅願により円仁が開基した。

  本堂には、本尊法然上人を安置する。

  また、不動堂には、不動明王画像を安置するが、むかし僧証空が師の臨終に際し、身代わりになろうとしたところ、日夜信仰する不動明王が証空の身代わりになろうといわれ、師の病難を救ったという霊験談があり、世に「身代わり不動」と呼ばれ有名である。

  その物語を記した「泣不動縁起」(重要文化財)を寺宝として所蔵している。

  ここも写真撮影不可でした。