鷹ヶ峯

2015年4月 6日 (月)

太閤山荘

  常照寺から足を伸ばして、太閤山荘へ・・・

  庭園へと言う案内に導かれ、紅葉谷庭園へ・・・

  昨年、そうだ京都行こうのイベントが実施されましたが、時期が合わず断念したところでした・・・

  池に出ました・・・

P4020069a
  池の周りを歩きます・・・

  逆光を受け、撮影したらどうなるのかなと思ったら、靄のように映りました・・・

P4020070a
  まだ手入れがされていないので、これからいろいろと作り上げていくようです・・・

P4020072a

  池を周遊した後、坂を登り太閤山荘へ・・・

P4020076a
P4020077a
  前の写真の二階の室内から撮ってみました・・・

P4020074a
  中は、古田織部美術館になっており、歴史好きにはたまらないのではないでしょうか・・・

  ちなみに私は、お庭目当てだったので、そこまでボルテージは上がりませんでしたが・・・

  鷹峯散歩のコースにいかがですか・・・

  撮影は、2015年4月2日

2015 常照寺

  原谷苑から、緩やかな下り坂を鷹峯に向けて歩く・・・

  急坂を登り、光悦寺、源光庵を経て、常照寺へ・・・

  山門が遠くに見えています・・・

P4020044a

  山門に近づいてきました・・・

P4020047a

  ふと下を見ると、苔が綺麗です・・・

P4020049a
  本堂にかかる桜・・・

P4020051a
  苔と竹と光の加減が美しい・・・

P4020052a

  枝垂れは咲き始めです・・・

P4020057a
  日本情緒が溢れています・・・

P4020062a
  光のあたるところは、ぼちぼちです・・・

P4020065a
  今日の本寺は、訪れる人も少なく静か・・・

  心穏やかにお参りすることができました・・・

  撮影は、2015年4月2日

2014年10月 9日 (木)

しょうざん 峰玉亭

  本阿弥光悦が開いた鷹が峯芸術村の地にある・・・

  しょうざんの創始者が建てた迎賓館である峰玉亭・・・

  今日の夏の旅で公開されました・・・

  入口付近です・・・

P9280026a

P9280027a

  池を見渡します・・・

P9280029a
  中に入ります・・・

P9280032a
  障壁画に目がとまります・・・

P9280035a
  ガラスが入っていないように見えるほど、手入れが行き届いています・・・

P9280038a
  空間の美しさ・・・

P9280043a
  中は見応えが十分でした・・・

  外に出ると、紅葉が始まっているようです・・・

P9280047a
  もみじが逆光に輝いています・・・

P9280050a
  枝振りと家屋がマッチしています・・・

P9280052a
  すっきりとした感じです・・・

P9280053a
  杉の真っすぐな姿に、強い意志を感じます・・・

P9280055a
  さざ波だっています・・・

P9280057a
  これが紅葉した姿を想像すると・・・

P9280059a
  樽の形の茶室です・・・

P9280060a

  裏にまわってみました・・・

P9280061a
  すすきが、儚げです・・・

P9280063a
  絵になります・・・

P9280064a
  聴松庵・・・松のざわめく音を聴く・・・

P9280065a
  峰玉亭の周りを取り囲む庭園は訪れたことがありましたが、中央に位置する迎賓館である峰玉亭は初めてでした・・・

  数寄屋造りの建物で、中にもいろいろと意匠が凝らされています・・・

  アクセスがあまりよくないので、バスツアーの団体さんが多いようです・・・

  一時の喧騒を避ければ、ゆっくりと拝見することができます・・・

  庭園とともに、是非とも訪れたいところです・・・

  撮影は、2014年9月28日

2012年5月15日 (火)

光悦寺

  鷹ヶ峯の紅葉で名高い光悦寺へ・・・

  趣のある参道です・・・撮影は、2009年02月28日・・・

P3010091a

  オレンジが鮮やかです・・・撮影は、2010年11月20日・・・

Pb200037a

  赤・黄・緑・・・Pb200038a_2

  赤がいい感じ・・・Pb200039a

  光悦垣に・・・Pb200042a

  東寺の五重塔の高さ標高55mに位置する鷹ヶ峯・・・

  常照寺、源光庵、そして光悦寺・・・

  紅葉のシーズンは、それは見事・・・

  でも、清水寺のような喧騒はなく・・・

  割合、落ち着いて鑑賞できるようです。