岡崎界隈

2017年12月 7日 (木)

2017 真如堂紅葉

 栄摂院を後にして、真如堂に到着、門の内側に期待がかかります・・・

Apb190165
 門にかかるもみじが美しい・・・

Apb190166
 これからのもみじも・・・

Apb190167
 三重塔を隠す、もみじの群れ・・・

Apb190172
 光の当たり方を変えてみると・・・

Apb190171
 赤々と・・・

Apb190173
 山門へ進む前に、右手に折れてみました・・・

Apb190174
 こんなのはいかが・・・

Apb190176
 三重塔の反対側にまわってみると・・・

Apb190184
 いろいろな色で彩られます・・・

Apb190185
 三重塔の左手には・・・

Apb190186
 三重塔の左手に回り込むと、雰囲気が変わります・・・

Apb190188
Apb190189

 三重塔の左手になります・・・

Apb190192
 お寺さんの感じが良く出ています・・・

Apb190194
 三重塔から視線を外側に向けると、素晴らしい・・・

Apb190195
 日が当たってきました・・・

Apb190196
 本堂の横では・・・

Apb190198

 見た目はもっと綺麗なのですが、技術が足りない・・・

Apb190200
 本堂の鏡にもみじが反射して・・・

Apb190201

 光の透け方がいいですね・・・

Apb190202

 本堂の裏手はこれから、でも渋いですね・・・

Apb190204
 紅葉の季節に、何回か訪れていますが、今年は最高ではないでしょうか・・・

 真如堂というと、紅葉は赤なのですが、黄色もアクセントを与えていてなかなか・・・

 さすがに紅葉の名所なので、人出は非常に多いのですが、一所に集中せず、それなりに分散しているようで、そんなにストレスを感じません・・・

 人それぞれに、紅葉を楽しまれているようです・・・

 撮影は、2017年11月19日

2017年12月 5日 (火)

2017 栄摂院紅葉

 金戒光明寺の本堂を左にまわり込んで細い道を行くと、栄摂院(えいしょういん)の立派な紅葉が目に入ってきます・・・

Apb190139

 中に入ると、手前にオレンジ、遠目に赤が・・・

Apb190143

 遠目に見えていた赤の一本は、近づいてみると立派な一本でした・・・

Apb190144
 角度を変えてみると・・・

Apb190145
 門を入ってのファースト・ショット・・・

Apb190148
 いろいろな色が目を楽しませてくれます・・・

Apb190149
 左手に移動してみると・・・

Apb190151

 光の当たり方が変わると、雰囲気も一転、美しい・・・

Apb190152
 裏手のお庭は、こんな感じ・・・

Apb190154
 オレンジがきれい・・・

Apb190156

 戻ってくると、日の当たり方で、刻一刻と変化していきます・・・

Apb190157
Apb190158
Apb190159
 逆光に光輝く・・・

Apb190162

 ラスト・ショット・・・

Apb190164
 以前に訪れたことがあり、再訪です・・・

 人がまばらだった当寺は、本日はかなりの人が訪れています・・・

 口コミ等で、知られるようになったようです・・・

 私自身としては、紅葉の穴場だったのですが、今はもう・・・

 でも、ここの紅葉は本当に見応えがあり、綺麗です・・・

 金戒光明寺と真如堂の中間にありますので、一度ご自身の目で確かめられることをお勧めします・・・

 撮影は、2017年11月19日

2017年12月 4日 (月)

2017 金戒光明寺紅葉

 山門に至る階段をのぼり、左手を伺うと・・・

Apb190119
 山門ともみじ・・・

Apb190123
 山門から中を・・・

Apb190124
 右側には、オレンジが綺麗でした・・・

Apb190126
 左手には赤が・・・

Apb190127
 赤と緑のグラデーションで、日の当たり方が良くわかります・・・

Apb190131
 山門を振り返ります・・・

Apb190132
 ちょっと高い所から山門を・・・

Apb190136
 本堂横の公孫樹の黄色が鮮やか・・・

Apb190137
Apb190138
 ネットで、見頃とありましたので出掛けてみました・・・

 今年の色づきは、よろしいようです・・・

 本寺の紅葉も長く楽しめそうです・・・

 軽く見学し、次なる塔頭へと向かいました・・・

 撮影は、2017年11月19日

2017年2月24日 (金)

金戒光明寺

 西翁院を後にして、黒谷さんの境内をぶらり・・・

 中には何回か入っているので、今回は外観だけ・・・

 御影堂・・・

Ap2140083
 大方丈・・・

Ap2140084
 右手には、灯篭が・・・

Ap2140085
 清和殿・・・

Ap2140086
 山門を振り返ります・・・

Ap2140087
 鐘楼・・・

Ap2140088
 この後、時間が少々ありましたので、真如堂まで足を伸ばし、金戒光明寺の塔頭を左右に見ながら、御影堂までぐるっと一周してきました・・・

 撮影は、2017年2月14日

2017年2月22日 (水)

西翁院

 茶室「淀看席」を拝観しに、金戒光明寺の西翁院へ・・・

 入口になります・・・

Ap2140081
 中の様子は・・・左端に拝観見学謝絶とあります・・・

Ap2140080
 歩を進めます・・・

Ap2140072

 右手には・・・

Ap2140075
 通路の石組がおしゃれです・・・

Ap2140077
 こちらの石組もまた・・・

Ap2140079
 内部は一切撮影禁止です・・・

 高台にあるので「淀を看る席」ということで名付けられたようです。躙り口から中を覗けるようになっていたのですが、意外とすっきりとした印象を受けました。

 茶室隣の部屋の沓脱石がちょっと変わっていたので、何か由緒があるのかなと思い、質問してみましたが、いつの時代のものか、どこから運ばれてきたものなのかは、残念ながら不詳だそうです。

 拝観料は、600円

 撮影は、2017年2月14日

2016年12月11日 (日)

栄摂院

 前々から紅葉の美しさを聞かされていた金戒光明寺の塔頭・栄摂院(えいしょういん)を訪れました・・・

 入口です・・・

Apb270199
 もみじの赤が誘います・・・

Apb270162
 中に入らせていただくと、正面には・・・

Apb270164
 右手には・・・

Apb270166
 この階段は、残念ながら登れません・・・

Apb270176
 本堂の方を望みます・・・

Apb270169
 散り方が美しい・・・

Apb270171
 本堂にかかるもみじ・・・

Apb270174
 本堂をまわりこみます・・・

Apb270177
 こちらの散りも・・・

Apb270179
 額縁にしてみました・・・

Apb270182
 中に入った時の一本を反対側から・・・

Apb270183
 アクセントをつけてみました・・・

Apb270184
 仏像を囲むもみじ・・・

Apb270188
 もみじが雨に打たれています・・・

Apb270191
 おまけ、近くの塔頭です・・・

 顕岑院(けんしんいん)・・・

Apb270201
 お庭は・・・

Apb270200
 龍光院・・・

Apb270203
 お庭は・・・

Apb270202
 栄摂院では、紅葉の時期にお庭が公開されています。維持・管理のために協力金(志納)をということで、志納箱が設置されていますが、皆さん写真を撮るだけ撮ったら、さっさと退散、お寺に協力する方は、私のほかには誰もいませんでした。何だか、寂しい気持ちになりました・・・

 撮影は、2016年11月27日

2016年9月27日 (火)

聖護院

 やってきました聖護院門跡・・・

P9180099a
 予約を取ろうと電話したところ、当日は特別公開中ですので、ご自由にご覧いただけますよとのことでした・・・

 障壁画・仏像などの説明を非常に丁寧にされていました・・・

 また、奥の書院では、たまたまおられたお坊さんが「暗いので、よく見えないでしょう」と結界を取り払い、中に招じ入れてくださいました。その障壁画の説明を聞いていると、ただ見ていただけでは分からない当時の世情などに思いを致すことができました。たまたまそこに居合わせたラッキーが、素晴らしい一期一会の機会を与えていただきました・・・

 さらに、16時半頃より、空はみるみる暗くなり、落雷に続き土砂降りの雨、拝観時間を過ぎていましたが、「小雨になるまで、雨宿りしていきなさい」とのお坊さんの声に甘えさせていただきました・・・

 なお、中はすべて撮影禁止になっていますので、そのおつもりで・・・

 撮影は、2016年9月18日

2016年8月13日 (土)

並河家住宅

 並河靖之七宝記念館として名だたる並河家住宅・・・

P8090094a_2
 庭園のみ撮影可能です・・・

P8090096a
 応接室前のお庭です・・・

P8090099a 

 水面に雲が映りこんでいます・・・

P8090101a
 さらに左手には趣の異なる灯篭が・・・

P8090103a

 滝口となります・・・

P8090109a
 鞍馬石で作られた一文字の手水鉢、地面から浮かせた支え方が斬新です・・・

P8090115a
 ちょうど訪ねた時に、団体さんがやってきて・・・

 あまり広くはないので、ちょっと難儀でした・・・

 私は、七宝には造詣が深くありませんので、お庭狙いでした・・・

 庭の説明に耳をそばだたせ、団体さんが移動すると、シャッターチャンス・・・

 なかなか趣深いお庭でした・・・

 人が少ない他日にまた訪れてみたいものです・・・

 撮影は、2016年8月9日

2013年4月 3日 (水)

岡崎疎水の桜

  宗忠神社から、細い路地を右へ左へと適当に歩き、岡崎疎水へ・・・

  疎水で出迎えてくれたのは・・・

P3290177a
  美術館と鳥居と桜・・・P3290179a

  なかなかのお気に入り・・・P3290182a

  咲き始めで、あと一週間はかかりそう・・・

P3290181a
  花のつき方のいいものもあります・・・

P3290183a

  東山を臨む・・・P3290185a

  宗忠神社より、彷徨いながら疎水に到着・・・

  花のつき方のいいものもありますが、全体的には3~4分咲きというところでしょう・・・

  ライトアップされますので、満開になった時には、さぞ壮観だろうと思われます・・・

  東寺のライトアップが素晴らしかったので、岡崎疎水も期待が持てます・・・

  また、十石舟に乗り、目線の低いところから鑑賞するのも乙かもしれません・・・

  撮影は、2013年3月29日・・・

宗忠神社の桜

  真如堂から西の宗忠神社へと向かいます・・・

  入口です・・・P3290168a

  桜は、まだまだこれからです・・・

P3290170a

  階段になっている参道から振り返ります・・・

  真如堂の三重塔が見えます・・・

P3290172a

  もう少し登ってみます・・・P3290173a
  真如堂の真正面になります・・・

  なかなか雰囲気のある神社です・・・

  吉田神社へは人が流れていきますが、ここはスルーしてしまう人が多いです・・・

  よって、桜見物には穴場となります・・・

  本日は、桜は2~3分咲きといったところで、寂しかったのですが・・・

  満開になったならば、きっと素晴らしい光景だと思われます・・・

  神社の境内で、一休みして、岡崎疎水へと向かいました・・・

より以前の記事一覧