洛南

2018年12月18日 (火)

宝青庵

 善法律寺から歩いて15分ほどで、こちらももみじの寺、宝青庵へ・・・

 門の前にたどり着きました・・・

Apb250131
 紅葉は、まだこれからのようです・・・

Apb250132
 苔がきれいです・・・

Apb250137
 人里離れた趣です・・・

Apb250139
 一本だけ・・・

Apb250141
 色づいたら、見事なんだろうな・・・

Apb250145
 もみじ寺と呼ばれている本寺、見頃はまだまだ先のようでした・・・

 しかしながら、滞在30分ほどで、訪れた人は私を除いては1人、静かでゆったりとした時間を過ごしました・・・

 それにしても、ピークを拝見したかったな・・・

 いつの日か、リベンジを・・・

 撮影は、2018年11月25日

2018年12月17日 (月)

2018 善法律寺紅葉

 京阪八幡市の駅からゆっくり歩いて15分ほどで到着・・・

 もみじが迎えてくれました・・・

Apb250102

 近づきます・・・

Apb250103
 門の中へ入ると・・・

Apb250105
 左手に進むと、本堂にかかるもみじ・・・

Apb250109
 地面には、かなり散っています・・・

Apb250108
 本堂のまわりを覆います・・・

Apb250112
 表門の方を振り返ります・・・

Apb250115
 手前のもみじは、これからのようです・・・

Apb250118
 いい光をもらって、輝いています・・・

Apb250121
 青空に映えます・・・

Apb250123
 本堂が開かれていると思ったのですが、何と12時から・・・

 勘違いしていたようです・・・

 残念ながら、今回は拝むことができませんでした・・・

 でも、ここはもみじの寺と呼ばれており、紅葉の季節は、期待を裏切らない景観を楽しませてくれます・・・

 最近は知られてきたこともあり、人はやや多めですが、11月25日の京都の状況を考えると、ストレスは感じません・・・

 ゆっくりと紅葉を楽しむならば、八幡市近辺はお勧めです・・・

 撮影は、2018年11月25日

2017年6月22日 (木)

浄瑠璃寺

 岩船寺から石仏を巡りながら山を下り、浄瑠璃寺に到着です・・・

Ap6160080
 花菖蒲が池を彩ります・・・

Ap6160083

 ちょうど、あざみに蝶がやってきました・・・

Ap6160085
 彼岸から此岸の三重塔を臨みます・・・

Ap6160087
Ap6160088
 静かな落ち着く佇まい・・・

Ap6160090
 鐘楼に青もみじ・・・

Ap6160092
 花菖蒲も凛々しく・・・

Ap6160093
 此岸から彼岸の本堂を、この中に九体阿弥陀如来が鎮座しています。ちなみに本堂内は撮影禁止です・・・

Ap6160094
 もう少し高い所から・・・

Ap6160097
 階段をのぼり、三重塔を・・・

Ap6160099
 角度を変え、光の加減を変えてみると、まるで別物のようです・・・

Ap6160101
 岩船寺から浄瑠璃寺まで歩いてみたいと思ってはいたものの、なかなか実現できませんでした・・・

 今回やっとのことで叶って歩くことができましたが、素朴な田舎道をたどって、石仏にも出会い、ほんのりとした心持にさせてもらいました・・・

 本堂九体阿弥陀如来拝観料 400円

 撮影は、2017年6月16日

2017年6月20日 (火)

岩船寺から浄瑠璃寺への道すがら

 このルートでは、数々の石仏に出会いました・・・

 まずは、こんな花からお出迎え・・・

Ap6160060
 こんな崖に寄りそう山道を降りていくと・・・

Ap6160062
 三体地蔵です・・・

Ap6160063
 勾配がゆるやかになり、さらに下っていきます・・・

Ap6160065
 前が開けると、田園風景です・・・

Ap6160067
 陽を遮る木々がなくなり、暑いです・・・

Ap6160068
 右手に小さな石仏が・・・四面地蔵、四つの面にすべて石仏が彫られています・・・

Ap6160070
 歩いてすぐの崖には、笑い仏が1300年の時空を超えて微笑み続けています・・・

Ap6160071
Ap6160072
 すぐの急な階段をのぼりつめ、左手に進むと、石に刻まれた不動明王立像が・・・

Ap6160076
 しばし急坂を下ると、からすの壺、阿弥陀如来坐像です・・・

Ap6160078
 山道を下りながら、古の人々の信仰を垣間見る思いでした・・・

 からすの壺から、ほどなくバスが通る道に出て、浄瑠璃寺へと至りました・・・

 バスで通り過ぎては、知ることのできない多くの石仏に癒されました・・・

 撮影は、2017年6月16日

2017年6月19日 (月)

岩船寺

 浄瑠璃寺からの上り坂をのぼりつめて、岩船寺に到着です。三重塔の相輪部分が覗いています・・・

Ap6160010
 近づいて、三重塔を・・・

Ap6160013
 ネットで紫陽花の開花状況をチェックすると、五分咲きとありました・・・

 実際は二~三分咲きかなと思っていましたが、その感覚が正しかったようです・・・

 主に、ガクアジサイが花開いていました・・・

 最初にとびこんできたのは、ベニガク・・・

Ap6160014
 薄い黄緑から白へと変色していくようです・・・

Ap6160015
 よく見かけるガクアジサイです・・・

Ap6160016
Ap6160017
 こんな花も見かけました・・・

Ap6160018
 集中して咲いていました・・・

Ap6160019
 清楚な感じです・・・

Ap6160020
 淡い紫と白のバランスが美しいです・・・

Ap6160021

 本堂の脇から、ピンクの紫陽花と三重塔を・・・

Ap6160023
 十三重塔、もう少しで紫陽花に彩られるようです・・・

Ap6160027
 こんなのは、いかがでしょうか・・・

Ap6160028
 きりっとした三重塔、新緑が似合います・・・

Ap6160029
 開山堂のようです・・・

Ap6160030
 三重塔を目指す階段の脇には・・・

Ap6160031
 三重塔前の階段から本堂の方向を・・・

Ap6160034
 三重塔の目前までやってきました・・・

Ap6160035
 鐘楼から三重塔を・・・

Ap6160040
 つつじ科のカルミヤという花だそうです・・・

Ap6160043
 美しい一本を見つけました・・・

Ap6160044
 高台の散策路から三重塔を・・・

Ap6160045
 モンシロチョウが遊びに来ていました・・・

Ap6160049
 五輪塔です・・・

Ap6160052 

 山門を出たところのもみじが美しかったので・・・

Ap6160055

 帰り道、梅干し一袋百円で販売されていました・・・

Ap6160056
 アクセスが良くなく、紫陽花の開花状況もいまいちなので、閑散とした状況を予想していましたが、境内は結構な賑わい・・・

 今年の紫陽花は、開花が遅れているようで、満開にはまだまだ時間がかかりそうです・・・

 訪問者の平均年齢は高いようで、浄瑠璃寺から岩船寺の間はバスで移動される方が多いようです・・・

 紫陽花満開の時節には、そんなに広くない境内は、人で溢れるのではないでしょうか・・・

 ストレスもあまりかからず、古刹を満喫できました・・・

 拝観料 400円

 撮影は、2017年6月16日

2017年6月18日 (日)

浄瑠璃寺から岩船寺への道すがら

 JR奈良西口15番乗場より、112系統急行浄瑠璃寺行きで30分ほどで浄瑠璃寺に到着・・・

 バスの運賃は片道570円、往復で1140円ですが、何と奈良公園、西の京1dayパスを購入すると、往復で500円です・・・

 私は、東口観光案内所でパスを購入しました・・・

 浄瑠璃寺に到着する前に、ドライバーの方から「岩船寺までは、かなりの上りです。この後に来るコミュニティーバスでは7分で到着、徒歩では30分かかりますので、バスの利用をお勧めします。」とのアナウンスが・・・

 バスを下車後、歩いて岩船寺を目指したのは、私たちだけでした・・・

 しばし歩くと前方が開けてきて、見事な田園風景・・・

Ap6160001
 最初はだらだらとした上り坂でしたが、だんだんと勾配が急になってきます。息を整えながら上っていると・・・

 路傍のこんな花たちに癒されます・・・

Ap6160002
Ap6160003
Ap6160004
Ap6160007
 途中、突然山道の中で、開けたところが・・・

 残念ながら、霞んでいて写真では平野部が見渡せません・・・

Ap6160006
 木瓜の実を初めて見ました・・・

Ap6160009
 ←六体地蔵の案内があったので、誘われるように行ってみると・・・

 一つの石の厨子に刻まれているのは珍しいそうです・・・

Ap6160058
 バスで行き過ぎては、知ること、感じることのできなかったものに触れることのできた時間でした・・・

 撮影は、2017年6月16日

2017年5月 4日 (木)

背割堤

 京阪八幡市駅で降り左手へ、さらに左に折れ、踏切を渡り、ゆるりとした坂をのぼり・・・

 木津川にかかる橋を渡りはじめると・・・

Ap4120350
 川を渡り切ったあたりから・・・

Ap4120352
 桜のプロムナードの入り口です・・・

Ap4120354
 皆さん、思い思いに・・・

Ap4120358
 渡ってきた橋を遠望します・・・

Ap4120359
 立派な古木で、立派な枝振りです・・・

Ap4120360

 この枝たち、風と闘ってきたんでしょうね・・・

Ap4120362
 進みます・・・

Ap4120363
 上空は桜で占有されています・・・

Ap4120364
 かなり歩いてきました、赤い橋も遠くなっています・・・

Ap4120366
 ちょっと歩き疲れてきたので、坂を降りて、下から堤を。ボリューミィーです・・・

Ap4120368
 この張り出し具合・・・

Ap4120369
 迫りくる感じです・・・

Ap4120370
 昨日の雨で、小さな池ができており、見事な花筏ができていました・・・

Ap4120375
 光の当たり方が変わってきました・・・

Ap4120378
 欅の大木です・・・

Ap4120379
 橋の近くまで戻ってきました・・・

Ap4120385
 この場所は、以前から聞いていたのですが、なかなか訪れる機会がありませんでした・・・

 石清水八幡宮を訪れた際に、時間があったので、真冬の時期に下見に来たことがありました・・・

 その際には、人は全くおらず、森閑としていたのですが・・・

 桜のピークの本日は、八幡市駅から人の列が絶えません・・・

 木津川の橋を渡った向かいに、展望台ができていたのですが、堤を歩いて気づき、交差点を渡って近づいてみると、展望台には時間切れで登ることはできませんでした・・・

 休憩所も、17時で閉鎖されてしまうので、またの楽しみに、駅へと向かいました・・・

 壮大な雰囲気を味わいたい方には、お勧めです・・・

 撮影は、2017年4月12日

2016年5月15日 (日)

2016 萬福寺

 松隠堂が特別公開されるということで、 萬福寺に行ってきました・・・

 JR黄檗の駅からさほど歩くこともなく、三門に到着です・・・

P5100002a
 まっすぐに進み、天王殿です・・・

P5100003a
 天王殿から回廊を進む・・・

P5100004a
 祖師堂方面を望む・・・

P5100006a
 大雄宝殿です・・・

P5100008a
 中国の香りがします・・・

P5100011a
 「かいぱん」といいます・・・時を報ずるものとして、今も使われています・・・

P5100014a
 大雄宝殿へと向かう・・・

P5100015a
 大雄宝殿から天王殿を望む・・・

P5100016a

 松と丁寧な砂紋です・・・

P5100017a
 法堂方面へと進みます・・・

P5100018a

 禅堂が見えています・・・

P5100019a
 法堂前の白砂です・・・

P5100020a

 法堂を正面から・・・

P5100021a
 門の奥が放生池となります・・・

P5100026a
 放生池の向こうに三門が見えています・・・

P5100027a
 10時からの松隠堂の公開に間に合うように、三門前の受付に戻ると、僧侶の方に案内されます・・・

 松隠堂へのアプローチです・・・

P5100001a_3

 内部は撮影不可ですので、御自分の目でお確かめください・・・

 非常に丁寧に解説していただき、その後、ご自由に拝観なさってくださいとのことで、贅沢な時間を過ごさせていただきました・・・

 ちなみに、本日の10時の案内時には、なんと私1人でした・・・

 ゴールデンウイーク直後の平日を狙っていきましたが、大正解でした・・・

 静かに時間を過ごしたい方には、お勧めのお寺さんです・・・

 撮影は、2016年5月10日

2015年12月 5日 (土)

背割堤

  時間が少々あったので、桜並木で有名な背割堤を目指しました・・・

  遠目に桜並木が見えてきました・・・

Pb220111a
  ズームしてみました、綺麗です・・・

Pb220112a
  さらに近づきました・・・

Pb220115a_2  

  到着しました。桜の季節に是非訪れたいと思いました・・・

Pb220116a_2
  日が沈んでいきます・・・

Pb220118a_3
  京の旅の一日が暮れていきます・・・

  撮影は、2015年11月22日

神應寺

  八幡泰勝寺から石清水八幡宮を経て、左手に折れて急な階段を登りきり神應寺へ・・・

  公孫樹がお出迎え・・・

Pb220105a
  オレンジもありました・・・

Pb220107a

  奥の院に向かう途中、ちょうどケーブルカーが降りてきました・・・

Pb220110a

  紅葉の名所のようですが、残念ながら、ここも発色は今一つでした・・・

  撮影は、2015年11月22日