紅葉お薦め

2011年11月12日 (土)

三明院紅葉

  三宅八幡宮から、歩くことしばし・・・この道で本当にいいのだろうか? という心配をよそに三明院に到着。

  山門を見下ろす・・・

Pb200129a

  入口より見上げる・・・

Pb200125a

  透過光が・・・

Pb200128a

  青空に映える・・・

Pb200127a

  高台にあるため、見晴らしがよく、叡山も見渡せます。

  昨年の11月20日、京都では紅葉見物で、あちこちで大渋滞・・・そして、お寺さんも大混雑・・・

  そんな中で、この三明院・・・30分ほど滞在しましたが、誰一人現れませんでした。

  この景色を、独り占めです。

  静かに紅葉を味わい方には、お薦めのお寺さんです。

2011年11月11日 (金)

しょうざん紅葉

  吟松寺をあとにして、ゆるやかな坂を下っていくと、左手に「しょうざん」があります。ここでは、是非庭園を訪れていただきたい・・・

  紅の密集・・・

Pb200077a

  散紅葉も、また・・・

Pb200078a 

  赤と緑のコントラスト・・・

Pb200079a

  「しょうざん」で庭園を回遊したあと・・・どこへ行こうか・・・大徳寺・高桐院に行くことにしました。その後は、時間と相談しながら、北へ向かいました。

 

  洛北の隠れた紅葉の名所・・・三明院を、明日は御紹介予定です。

2011年11月10日 (木)

吟松寺紅葉

  光悦寺を出て、左手に進むと急坂があります・・・その急坂の左手に古道長坂道の案内が・・・昔の街道の雰囲気を少し味わいながら下りていくと道にぶつかります。この道を左手に進むと、まずは、次の写真の光景に出合います。

Pb200058a
  紅と緑と・・・

Pb200060a

  逆光に輝きます・・・

Pb200066a

  雨滴に輝く苔・・・

Pb200069a

  お寺さんの入口です・・・

Pb200072a

  垂れ下がる紅葉・・・

Pb200074a

  観光寺院ではありません・・・人通りも少なく、ゆっくりと紅葉を味わうことができます。初めて訪れた時の「見~つけた」とほくそ笑んだその瞬間を忘れません。

  光悦寺まで行かれたのなら、是非足を伸ばしていただきたい・・・10分もかかりませんよ・・・

  お寺さんの御厚意で、門は開けられ、お庭に歩を進めることができます・・・でも、再度申し上げますが、観光寺院ではないので、そのあたりはわきまえて行動していただきたいと思います。

  不埒な御仁の傍若無人な振る舞いにより、門が閉ざされてしまうかもしれません・・・まあ、ふつうは行かないところなので、杞憂であればよいのですが・・・

  さらに、緩やかな下り坂を下りていくと、「しょうざん」にたどり着きます・・・ここの紅葉もなかなか趣があります。

  明日は、その「しょうざん」を御案内します。

 

 

2011年11月 9日 (水)

常照寺紅葉

  それでは、2010年11月20日の紅葉を・・・

  まずは、鷹峯の常照寺から・・・

  桜の方が有名ですが、紅葉もなかなかのものです。

  紅、くれない・・・

Pb200024a_2

  山門より・・・

Pb200027a

  アップでどうぞ・・・

Pb200034a

  紅、紅、紅・・・

Pb200032a

  鷹峯には、源光庵、光悦寺とありますが、次回は、光悦寺を出て左手に折れ、急坂を下り左手に出たところにある隠れた紅葉スポット、吟松寺を御紹介します。

2011年11月 8日 (火)

宝筐院紅葉

  厭離庵のほど近くに宝筐院があります。

  中に入ると、皆さん歓声を上げています。

  厭離庵は、赤に特徴がありますが、宝筐院は、オレンジに特徴があります。

  歓声が上がっています・・・

Pb300090a

  すき間なく紅葉です・・・

Pb300106a_2

  光り輝いています・・・

Pb300095a_2

  グラデーションをどうぞ・・・

Pb300097a_2

  グリーンとの対比をどうぞ・・・

Pb300104a_2  

  とにかく、現地に行っていただきたい・・・

  写真では、この素晴らしさをお伝えすることができません・・・

  筆舌に尽くしがたい・・・とは、こんなことを言うのでは・・・

  清涼寺の近くの角にあります・・・

  あなたも、是非歓声を上げていただきたい・・・

2011年11月 7日 (月)

厭離庵紅葉

  二尊院から清涼寺に向かう途中、左手に厭離庵特別公開の看板が出ています。普段は、拝観謝絶の寺院ですが、紅葉の時期に一時公開されます。

  入山します・・・

Pb300071a

  入口を臨む・・・

Pb300072a

  燃える紅・・・

Pb300077a

  散紅葉・・・

Pb300079a
  

  このお寺さんの紅葉の特徴は、何といっても「赤」ですね・・・

  これだけ、赤が印象に残る紅葉も少ないと思います・・・

  空間の赤も綺麗なのですが、散紅葉も、また見事・・・私は、散紅葉の方が好きなんですけどね・・・

  紅葉の色づきから、散紅葉まで長い間楽しめます。

  ちょっと、入口がわかりづらいのですが、案内の看板も出ているので、大丈夫だと思います。スルーしないで、是非訪れていただきたい庵です。

2011年11月 6日 (日)

宝厳院紅葉

  光明寺からバスで阪急・長岡天神まで戻り、桂から嵐山線に乗り継ぎ、渡月橋から嵐山へ・・・まずは天龍寺の塔頭である宝厳院へ・・・

  紅葉のシーズンは、入口付近に人の列の大渋滞・・・でも、今回は割とすんなりと入れました・・・ラッキーでした・・・

  ライトアップもされていますが、まだ入ったことはありません・・・機会があったらと思ってはいるのですが・・・期待は裏切らないと思います。

  建物とマッチングしています・・・

Pb300048a

  黄色が鮮やかです・・・

Pb300042a

  文字通り、紅葉です・・・

Pb300058a_3

  総天然色です・・・

Pb300051a_2

  逆光に輝いています  

Pb300061a

  行列してでも入りたい、素晴らしいところです・・・

 

2011年11月 5日 (土)

光明寺紅葉

  次のシリーズは、2009年11月30日に訪れたときのもの・・・

  まずは、開門ねらいで出掛けた光明寺・・・2008年晩秋のキャンペーン寺院でした。1年たってどうだろうと出掛けたのですが、人で溢れていました。

  9時の開門とともに中へ・・・まずは、紅葉のトンネルから・・・

Pb300002a

  私は、この紅葉のトンネルの右手から進みましたが・・・この紅葉のトンネルから進んだとしたら、こんな光景が・・・

Pb300026a

  色鮮やかです・・・

Pb300011a

  黄葉も綺麗です・・・

Pb300006a

  医薬門です・・・

Pb300022a

  本寺は、アクセスがあまりよくありません・・・歩くには距離が・・・阪急・長岡天神からバスがよろしいかと思います。

  紅葉の時期に公開され、混雑必至・・・是非、開門直後に行かれることをお薦めします。

  敷地は、意外と広く、紅葉ばかりでなく、見所も結構あります。

  訪れたのが、11月末日・・・本年は紅葉がやや遅く、紅葉のトンネルの上部も鮮やかで、また、地面を埋め尽くす散紅葉もそれは見事でした。

2011年11月 4日 (金)

善峯寺紅葉

  金蔵寺をあとにして、前半戦は山越えです・・・山を越えると、散策に適した道をたどり、善峯寺へ到着。すでに、彩り鮮やかです・・・

  まずは、オレンジと赤のコラボから・・・

Pb280153a

  オレンジです・・・

Pb280159a

Pb280197a

  赤が鮮やか・・・

Pb280170a

  山の斜面も・・・

Pb280171a

  木の幹に紅葉です・・・

Pb280182a

  山裾にオレンジが映えます・・・

Pb280194a

  塔と紅葉です・・・

Pb280189a

Pb280199a

Pb280202a

  広大な敷地を持つ本寺は、スケールが大きく、見所が満載・・・

  裏山を、紅葉の借景とするなど、遊び心も見事・・・

  おそらく、ピークに訪れたことができたようです。

  大原野神社 → 勝持寺 → 正法寺 → 金蔵寺 → 善峯寺 とかなりの距離を歩くことになりますが、お薦めのハイキング + 紅葉狩りの秀逸のコースと思われます。

 

2011年11月 3日 (木)

金蔵寺紅葉

  正法寺より、田舎道を1時間ほど歩くと金蔵寺です・・・最期の急坂には、てこずらされますが、乾坤一擲踏ん張って到着したその先には・・・

  三門に紅葉が美しい・・・

Pb280114a

Pb280115a

  オレンジです・・・

Pb280113a

  赤とオレンジです・・・

Pb280116a

  青空に映えます・・・

Pb280125a

  人里知れず・・・この山奥に、こんな素晴らしいところが・・・

  アクセスが良くありませんので、自分の足で行かねばなりません・・・

  でも、その先には、言葉を失ってしまうような光景が・・・

  お薦めのスポットです。

より以前の記事一覧