南禅寺界隈

2019年11月 2日 (土)

2019 天授庵

 久しぶりに、天授庵へ・・・

 中へと・・・

Ap9240106

 色づき始めています・・・

Ap9240107

 池の方へと向かいます・・・

Ap9240115

 書院を臨みます・・・

Ap9240120

 竹林と灯篭・・・

Ap9240121

 石の組み方が、踊るようで・・・

Ap9240126

 ススキ、秋の風情です・・・

Ap9240131

 数年前までは、訪れる人も少なかったのですが・・・

 メディアで取り上げられてからは、なかなかの混雑・・・

 でも、近くの南禅寺に比べれば、まだまだ落ち着ける・・・

 特に、奥の池の方へと向かえば、人の流れも切れがち・・・

 ゆっくりと日本庭園を堪能できます・・・

 印象的だったのは、池のほとりで、お一人の外国人女性が、目の前の庭園を静かに鑑賞していたこと・・・

 外国人の方って、賑やかな方が多いんでね・・・

 日本人よりも、日本人らしい外国人の方でした・・・

 撮影は、2019年9月24日

 

2019年1月 5日 (土)

2018 永観堂紅葉

 永観堂に到着、まだまだ頑張っているようです・・・

Apc110043
 終盤の輝き・・・

Apc110046
 ひいてみると、素敵な輝きです・・・

Apc110047
 光の加減を変えてみると、雰囲気が異なります・・・

Apc110049
 苔の上に一枚・・・

Apc110051
 大玄関より中へ・・・

Apc110053
 阿弥陀堂より御影堂を・・・

Apc110056
 外に出て、四阿から・・・

Apc110058
Apc110059
 兵どもが夢のあと・・・

Apc110061
 もみじの奥には、極楽橋・・・

Apc110063
 オレンジも最後の頑張り・・・

Apc110070
 葉っぱのギザギザが美しい・・・

Apc110071
 斜面には、十三重塔が・・・

Apc110072
 暗くなってきたので、いい感じです・・・

Apc110073
 日没が近づいてきます・・・

Apc110083
 正直、紅葉は期待していなかったのですが、この頑張り・・・

 11月25日に永観堂は、溢れんばかりの人、人、人・・・

 当時は、あまりの人のすごさにスルーしていましたが・・・

 紅葉のピークを過ぎ、また夕方だったので、本日は堂内も閑散としていました・・・

 こんな時期の永観堂も、またよろし・・・

 撮影は、2018年12月11日

2017年12月12日 (火)

2017 無鄰菴ライトアップ

 哲学の道を経て、無鄰菴へ・・・

 ライトアップの開場は17:30、30分ほど時間があります・・・

 開場まで待つことにし、門の前で待っていると、一人のご婦人がやってきました・・・

 同じ庭好きということで、いろいろとお話させていただきました・・・

 開場の時間とともに、中へ・・・

 主屋からの眺め・・・

Apb190282
 本庭を管理する庭師の方から、色々とお話しを聞かせていただいた後、ライトアップされたお庭へ・・・

Apb190283
 疎水から引かれた小川の流れ・・・

Apb190284
 池に鏡のように映っています・・・

Apb190285
 お茶室の横あたりです・・・

Apb190288
 主屋の方を眺めます・・・

Apb190287
 庭師の方からのお話しは、非常に興味深いものでした・・・

 そのお話を聞いたうえで、庭に降りると、見え方が変わってくるようです・・・

 日中に訪れても美しい庭なのですが、ライトアップされたお庭は一層に素晴らしかったです・・・

 清水寺のライトアップは、誰も彼もやってきて大渋滞ですが、お庭好きな方が集まったであろう無鄰菴は、優しいゆったりとした時間が流れていました・・・

 また来たいなと思うのでした・・・

 撮影は、2017年11月19日

2017年12月11日 (月)

2017 哲学の道 秋

 霊鑑寺から、哲学の道へ・・・

 疎水にオレンジが映っています・・・

Apb190265
 疎水脇には、清宗庵となっていました・・・

 調べてみると、佐川印刷のゲストハウスだそうです・・・

Apb190266
 もみじの赤がいい感じ・・・

Apb190270
 こちらのオレンジは華やか・・・

Apb190271
 鴨も家路を急いでいるようです・・・

Apb190272
 空は、日没が近いです・・・

Apb190274
 いい雰囲気です・・・

Apb190275
 永観堂付近の満天星・・・

Apb190278
 霊鑑寺では、紅葉が見頃でしたが、哲学の道では、これからのようです・・・

 紅葉の様子をご存知なのか、行き交う人もまばらです・・・

 が、哲学の道から南禅寺方面へと向かうと、一変して大渋滞・・・

 著名なミュージシャンのコンサートでもあるのかなというほどの人の流れ・・・

 辟易し、渋滞を足早に回避、次なる目的地へと向かいました・・・

 撮影は、2017年11月19日

2017年12月10日 (日)

2017 霊鑑寺紅葉

 法然院から霊鑑寺へ・・・

 中へと・・・

Apb190236
 先程見えていたもみじです・・・

Apb190237
 灯篭も、苔むしています・・・

Apb190238
 元気な苔に散紅葉・・・

Apb190241
 見頃です・・・

Apb190242
 私として、好きな構図です・・・

Apb190243
 太陽の日に輝く・・・

Apb190246
 逆光に輝く・・・

Apb190247
 天にそびえる・・・

Apb190249
 もみじと瓦が合いますね・・・

Apb190251
 本堂横にまわり、斜面を見上げると・・・

Apb190258
 本堂横の通路に上がってみました・・・

Apb190261

 紅葉の見事なピーク・・・

Apb190263
 椿の頃には伺ったことがありますが、紅葉の時期ははじめて・・・

 先程、前を通過したときは、団体さんが大挙押し寄せていたので、後回しにしましたが、正解でした・・・

 運良く、ツアーの団体さんに会うことなく、ストレスなく、紅葉を愛でることができました・・・

 案内の方のお聞きしたところ、今年の紅葉は早く、一週間前程からこの状態ですということでした・・・

 東山の麓で、気温差が大きいせいでしょうか・・・

 が、ほんの目先にある哲学の道では、まだまだ・・・

 自然は不可解で偉大だ・・・

 撮影は、2017年11月19日

2017年12月 9日 (土)

2017 法然院紅葉

 安楽寺より、法然院へ・・・

 この構図を、皆さん狙っています・・・

Apb190227

 山門を入り、先程見えていたもみじです・・・

Apb190228
 振り返ります・・・

Apb190229
 淡い、いい感じ・・・

Apb190230
 オレンジが、訴えかけてきます・・・

Apb190231
 山門を覆い尽くす・・・

Apb190233
 こちらの紅葉はまだ早かったようです・・・

 山門前は、カメラマンが鈴なりで大渋滞・・・

 早朝に来るしかないんでしょうかね・・・

 撮影は、2017年11月19日

2017年12月 8日 (金)

2017 安楽寺紅葉

 真如堂から歩いて安楽寺へ・・・

 紅葉はまだこれから、ここは散紅葉が美しいところ・・・

 散りは、まだほとんど見られません・・・

Apb190205
 山門前の階段をのぼり、上から・・・

Apb190206
 仏堂わきのもみじ・・・

Apb190207
 方丈のお庭は・・・

Apb190210
Apb190211
 額縁にしてみました・・・

Apb190212
Apb190213
Apb190214
Apb190215
 欄間の透かしです・・・

Apb190216
Apb190217
Apb190218

 陽が射してきました・・・

Apb190219
 反対側では、黄色が輝いていました・・・

Apb190221

 人が去ると・・・

Apb190222
 ここで思いつきました、前の写真のテーブルにもみじが反射していたので、このテーブルにデジカメを置いてみたらどうだろうかと・・・

 そして撮れた写真が・・・

 床もみじのようですが、実はテーブルもみじ・・・

 結構いいかも・・・

Apb190223
 お寺さんを辞去し、階段を降りてきたところで・・・

Apb190225
 躑躅の頃に何度か訪れているのですが、紅葉の季節は初めて・・・

 何故かというと、散紅葉を何度か狙ってはいたものの、結局時期が合わず・・・

 以前は、訪れる人もまばらだったのですが、現在は、人の入らない写真を撮るのに苦労するほど・・・

 でも、粘って「テーブルもみじ」なるものを人が入らずに撮れたので、良しとしましょう・・・

 いつの日か、散紅葉に出会いたいものです・・・

 撮影は、2017年11月19日

2016年8月14日 (日)

慈氏院

 南禅寺のすぐ近くにある塔頭寺院で、だるま堂と呼ばれています(通常非公開)

 以前から気になっていたのですが、今回、事前に電話して、お庭を拝見させていただくことができました。

 庫裡で声をかけて来訪を伝えます・・・

 だるま堂の脇から庭へと立ち入ります。水面に映る青空が綺麗です・・・

P8090133a
 だるま堂を振り返ります・・・

P8090136a
 お隣の塔頭寺院、聴松院が見えています・・・

P8090137a
 紅葉の頃は、素晴らしいだろうな・・・

P8090139a
 小さな中島に橋が架けられています・・・

P8090141a
 だるま堂の方を、さらに振り返ります・・・

P8090142a
 お堂も立派です・・・

P8090144a
  太陽の動きで、光の加減がよく、シャープに映りました・・・

P8090147a
 足元の苔も元気でした・・・

P8090148a
 樹木の具合いが、立体感をもたらします・・・

P8090150a
 30分ほど滞在し、ゆっくりと堪能しました・・・

 庫裡の方に声を掛けて、だるま堂に蝋燭を供えさせていただきました。何と蝋燭に名前を入れていただけます。200円のようですが、お庭も拝見させていただいたので、500円奉納させていただきました。

 ご挨拶を終えると、「また、いつでも来てくださいね」と嬉しいお言葉・・・

 紅葉の季節に、また伺おうと思います・・・

 撮影は、2016年8月9日

2014年7月18日 (金)

2014 金地院 2

  東照宮を出て、方丈に向かいます・・・

  坂道を降ります・・・

P6160184a
  方丈が見えてきました・・・

P6160185a
  方丈と松の枝振り・・・

P6160187a

  クチナシのいい香りが・・・

P6160190a
  開山堂です・・・

P6160191a
  奥に三尊石が見えています・・・

P6160194a

  小堀遠州作、鶴亀の庭・・・

P6160195a
  この後、予約しておいた方丈裏手の茶室・八窓席、長谷川等伯作の「老松」などをガイド付きで堪能させていただきました・・・

  帰りに、ハンゲショウを発見し、金地院を後にしました・・・

  この特別拝観は、なかなかのものでした・・・

  帰りに、受付の方とお話しさせていただきましたが、氏も「よかったでしょう・・・」という言葉で出迎えて下さいました・・・

  各時間30分からのようで、たまたま時間が合えば、その場でも参加できますが、私の場合は最終の15:30で予約しておきました・・・

  撮影は、2014年6月16日

2014年7月16日 (水)

2014 金地院 1

  瑞峯院をあとにして、金地院へと向かう・・・

  茶室・八窓席を予約しておきました・・・

  まずは、東照宮までを紹介します・・・

  受付を済ませ、門を入り振り返ります・・・

P6160162a
  目線を上げると・・・

P6160164a
  蓮池です・・・

P6160161a
  進んでいくと、緑が目に優しいです・・・

P6160167a
  いい色合いです・・・

P6160168a
  東照宮へと向かう手水舎です・・・

P6160170a
  紫陽花もぼちぼち・・・

P6160171a
  手水舎に紫陽花・・・

P6160172a
  額紫陽花も・・・

P6160173a
  鳥居に逆光の緑が・・・

P6160176a
  丸々とした紫陽花・・・

P6160177a
  東照宮へと門をくぐります・・・

P6160180a
  到着です・・・

P6160182a
  東照宮をあとにします・・・

P6160183a
  茶室拝観までに時間がありますので、この後は方丈前の庭の鑑賞に時間を取りました・・・

  撮影は、2014年6月16日

より以前の記事一覧