2011北海道

2012年9月 7日 (金)

別寒別牛湿原カヌー

  一度カヌー体験をし、はまってしまって・・・

  釧路川には飽き足らず、別寒別牛(べかんべうし)湿原へと進出してしまいました・・・

  厚岸の水鳥観察所に早朝に集合です・・・

  釧路を出る頃は、濃霧で、視界が全く効かない状態でした・・・

  こんな日に限って、からっと晴れる予感です・・・

  相手方の車の上に、カヌーが見えています・・・

P8270185a

  先方がやってきて、いざ出発です・・・

  海に近く、勾配がほとんどなく、ゆったりと流れている感覚です・・・

P8270186a

  水面が鏡のようです・・・P8270188a

  低湿地の中を行きます・・・P8270189a

  この広い湿原の中を、数時間私たちだけで独り占め・・・

  本当に、贅沢な時間を過ごさせていただきました・・・

  また、この地を訪れたら、是非カヌーで流されたいです・・・

  ちょっと、お値段は張りますが、都会にいては決して味わうことのできない数時間を過ごすことができます・・・

  私は、塘路湖の近くにあるネイチャーセンターを利用しています・・・

  単なる観光に飽きた方には、超お薦めです・・・

 

2012年9月 6日 (木)

羅臼湖

  知床五湖再訪の翌日は、何とか天気に恵まれそう・・・

  早々に朝食を済ませ、知床峠へと登る・・・

  雲が晴れてきて、なんとか行けそう・・・

  程なく、知床ファクトリーの方と落ち合い・・・

  今日は天気良くなりそうだよ・・・とのお言葉・・・

  期待が高まります・・・

  装備をして、準備体操の後、山に分け入る・・・

  そのいでたちとは・・・

  笹の葉の中を分け入るため、長袖、長ズボン・・・

  さらに足元は、何と長靴・・・

  どろどろのところに踏み入れるため、必需品です・・・

  さて、中に分け入り、一の沼です・・・

P8260162a
  一足早く、紅葉が・・・

  ちなみに、まだ8月下旬です・・・

P8260163a

  三の沼、羅臼岳の雲がとれてきました・・・

  湖面が鏡のようです・・・

P8260164a
  五の沼です・・・P8260168a

  羅臼湖の先端です・・・

  ここで、行き止まりです・・・

P8260169a_2
  シカはお食事中・・・

  私たちは眼中にないようです・・・

P8260175a
  全編にわたり、原生林の中を進みます・・・

  長靴の威力は・・・もちろん発揮されます・・・

  そのうちに、泥んこの中を行くのが、快適になってくるから不思議です・・・

  でも、一人で行くには、アドベンチャー気分を越えているようです・・・

  初心者の方は、ガイドの方とともに行動することをお薦めします・・・

  本当に楽しい半日のツアーでした・・・

  この次は、調子に乗って、羅臼岳制覇か・・・

  そんな訳ないか・・・

2012年9月 5日 (水)

知床五湖

  オシンコシンの滝から、ウトロ経由で知床五湖へ・・・

  最近は熊の出没が頻繁となり、昔のように勝手には入れない・・・

  一湖までだったら、高架になったところを移動していけるのですが、それではつまらない・・・

  五湖から一湖へと逆回りに回れるのですが、そのためには簡単なレクチャーを受けなければなりません・・・

  申し込んで、まずは映像から見せられ、その後簡単なレクチャーを受け、いざ出発・・・

  当日は、天候不良で雨の中をスタート・・・

  実は、羅臼湖をガイドさんに案内してもらって・・・と思っていたのですが、知床峠まで登りましたが、悪天候のためキャンセル・・・

  そんなわけで、知床五湖にやってきたのです・・・

  さすがに、五湖から一湖までのフルコースは、人が少ない・・・

  五湖です・・・P8250133a

  四湖です・・・P8250134a

  三湖です・・・P8250142a
  湿原らしい風景です・・・P8250151a
  知床連山も姿を現しました・・・

P8250153a
  スタート時点で降っていた雨は、一湖に着くころにはあがり、知床の山も姿を現してくれました・・・

  やはり、自然の中を五湖から一湖まで歩いてみたい・・・

  その昔は、今日は何湖まで・・・という表示に従って行動していたころが懐かしい・・・

  時代の移ろいとともに、熊も生活のエリアを追われ、人里近いところまで進出するようになってしまった・・・

  もともとは、熊の生活していたエリアに、我々がやってきた・・・

  ということを認識して行動するべきでしょ・・・

  自然と人間の共存を切に望みます・・・

  明日は、天候が回復した羅臼湖を紹介します・・・

2012年9月 4日 (火)

オシンコシンの滝

  毎日暑い日が続きますね・・・

  今日は、知床のオシンコシンの滝の画像で一時の涼をどうぞ・・・

P8250126a

  P8250127a_2

  P8250129a

  P8250130a

  いかがでしょうか・・・

  知床半島のウトロのほど近くにあります・・・

  現地では、国道から少し登り、滝を見上げるようになります・・・

  滝のしぶきで、一服の清涼感を味わうことができます・・・

2012年9月 3日 (月)

和琴半島

  美幌峠を後にして、和琴半島へ・・・

  屈斜路湖につきだす半島です・・・

  時計回りに半島1周にスタートです・・・

P8240112a  

  湖の色がエメラルド色に映っています・・・

P8240113a  

  
  半周まで、見通しがきくところは少ないです・・・

  半島北部で、やっと見通しがきくところが・・・

  湖は、青く映っています・・・

P8240120a
  オヤコツ地獄です・・・煙が上がっています・・・

  硫黄の香りもしています・・・

P8240121a
  一周のうちに、すれ違う人も片手で数えられるほど・・・

  にもかかわらず、自然に溢れていて・・・

  快い汗をかいて、気分爽快・・・

  軽いトレッキングをしてみませんか・・・

2012年9月 2日 (日)

美幌峠

  北海道有数の景勝地、美幌峠へ・・・

  峠から屈斜路湖を俯瞰するポスターで有名です・・・

  見幌峠到着です・・・

  当日は、天候が良くなく、到着するまでは、霧の中か? と思われましたが、その姿を現してくれました・・・

P8240103a

  晴れていると素晴らしいんですがね・・・

  これから行く和琴半島が見えています・・・

  右手奥から中央に突き出ているところです・・・

P8240106a  

  湖から山へと目を向けてみると・・・
  

  緑の大地です・・・

  こちらも美しいです・・・

  天候が良くなく、展望台まで行く人も少なく、うら寂しい感じもありますが、しっとりした雰囲気で、なかなかです・・・

P8240109a

  P8240111a

  晴れた日の美しさは、筆舌に尽くしがたいものがあります・・・

  車で移動されている方には、峠から湖に向かって降り、途中から山の方へ分け入っていくと、津別峠なるところがあります・・・

  地形的に、霧が発生しやすいので、全貌を俯瞰することがなかなか難しいのですが、美幌峠とは一味違った雰囲気を味わうことができ、お薦めです・・・

  快晴の日にまた立ちたいと思い、この地を去りました。

2012年9月 1日 (土)

2011 旭山動物園

  昨年に続き、旭山動物園へ・・・

  また、来てしまいました・・・

  ペンギンです・・・P8230049a

  人に慣れています・・・ P8230050a

  アザラシですが・・・わかりますよね・・・

P8230061a

  ホッキョクグマです・・・P8230069a

  豪快です・・・P8230082a
  レッサーパンダです・・・休憩中・・・というか、ほとんど動きません・・・

P8230085a
  オランウータンです・・・立派な面構えです・・・

P8230096a

  テナガザルです・・・器用に移動していきます・・・

P8230100a

  動物の行動展示で有名になった旭山動物園・・・

  動物たちもストレスなく生活しているようです・・・

  あるがままの自然を生きる・・・

  そんな動物たちに出会えます・・・

  また、次回も行くんだろうな・・・

2012年8月31日 (金)

2011 美瑛・夕景

  美瑛で出会った夕景を・・・P8220025a
  P8220029a

  P8220039a
  この夕景、あるお宿の前で撮りました・・・

  お宿に早めに着いて、お風呂を頂き、外に目をやると、いい具合・・・

  デジカメを持ち、サンダル履きで外へ・・・そのお宿です・・・

P8220027a
  オーナーの御主人とお話しさせていただきましたが、何と伊豆で修業なさっていたとか・・・

  私の定宿としているお宿の話しをすると・・・

  良く御存じでした・・・

  食事は、量が多く、大変申し訳なかったのですが、完食できませんでした・・・

  また、訪れたいお宿が増えてしまいました・・・