2010 北海道

2012年8月30日 (木)

大雪高原温泉

  大雪高原温泉へ・・・

  私の好きな温泉のうちの一つです・・・

  源泉かけ流しだし・・・

  現地に行くまでのダートを楽しみながら・・・

  まさに秘境と言われるところ・・・

  今回は、翌日緑岳に登るためにやって来ました・・・

  携帯は繋がりません・・・

  テレビもありません・・・

  自然のままの露天風呂を楽しみ・・・

  温泉を出た後は、ボーとし・・・

  都会では味わえない、贅沢な時間を過ごします・・・

  さて、早めに朝食を取り、いざ緑岳へ・・・

  高原温泉の裏手を行きます・・・P8230139a

  緑岳へと進みます・・・P8230140a

  雪渓が残っています・・・P8230141a

  第一花畑へ到着・・・

  残念ながら、今の季節に花はほとんどありません・・・

P8230143a

  シカがお食事中・・・P8230144a

  第二花畑へ到着・・・P8230146a

  雪渓を間近に・・・P8230148a

  ここからしばらく行くと、森林限界を超え、ガレ場となります・・・

  残念なことに、雨がぱらつきはじめ、風も強くなってきました・・・

  膝に難のある私としては、スリップの危険度が増す前に、登頂を断念しました・・・

  登るのを諦めるのは辛いことですが、判断が遅くなるにつれ、危険度は増すもの・・・

  また、いつの日にかリベンジを・・・

2012年8月29日 (水)

美瑛・青池

  以前は行くのに苦労した美瑛の青池へ・・・

  現在は駐車場も完備され、誰でも行けるようになったのですが・・・

  人が多くて・・・残念です・・・

  その昔の秘境というイメージは、もはやありません・・・

  天候によって、その色を変える青池・・・

  今回は曇っていたため、色は今一でしょうか・・・

  幻想的です・・・

  今日は、グリーンがかっています・・・

  P8250346a

  P8250347a

  P8250351a

  P8250352a

  少しずつ移動しながら、写しているのですが、同じようになってしまいました・・・

  晴れると、グリーンはブルーに変わってくるのですが・・・

  地殻にあるアルミニウムが溶け出し、化学反応を起こして・・・

  と考えられていますが、詳細は今後の研究の結果待ち・・・

  その間に、少なくとも人間の手によって、自然破壊されないよう祈るのみです・・・

  環境破壊されれば、この不思議な色も恐らくなくなってしまうことでしょう・・・

  自然の造形を、我々人間が後から作り出すことは不可能に近いのです・・・

  良識ある行動を願わん・・・

 

2012年8月28日 (火)

中富良野 ラ・コリーナ

  中富良野のペンション、ラ・コリーナに宿泊・・・

  迎えてくれた奥様は、ちょっと愛想がないのかなと初めは思ったのですが・・・

  とても純朴なのでした・・・

  料理担当は旦那さまで、お味はすばらしかったです・・・

  夕食前に、夕景です・・・P8240256a

  翌朝、朝焼けです・・・P8240257a

  ペンション前のベンチです・・・

P8250261a

  ペンションの全景です・・・P8250266a

  じゃらんで評価が高かったので、宿泊の予約を入れておきました・・・

  宿は小高い丘の上にあり、山並みを一望できます・・・

  早めに到着したので、一番風呂を頂きました・・・

  ちなみにお風呂は、共有です・・・

  つまり、部屋ごとに貸し切り状態にします・・・

  風呂に浸かった後、夕食前に外に出られて、是非景色を御堪能下さい・・・

  時々刻々と移ろう空の色に感激です・・・

  そして、その後には、お楽しみの夕食・・・

  御主人の腕は確かなものです・・・

  出発前には、いろいろと穴場情報も仕入れ、旅のアクセントとなりました・・・

  できれば、冬の時期に再訪したいなと思うのでした・・・

2012年8月27日 (月)

2010 四季彩の丘

  美瑛・拓真館の近くにある四季彩の丘へ・・・

  ここも近くを通ると素通りできません・・・

  入場料は特に定められていません・・・

  協力金という形で募っています・・・

  これだけの景観を作り出すには、それ相応の努力が必要・・・

  ということで、私はそれ相応の額をここでは支払っています・・・

  入口付近です・・・P8250322a

  波打つ丘・・・P8250325a
  反対側の丘を臨みます・・・

P8250326a

  うねりを・・・P8250327a

  暖色系統で鮮やか・・・P8250328a

  幾何学模様・・・P8250330a
  何層あるのでしょう・・・P8250333a
  ラベンダーは少し淋しげ・・・P8250334a

  周りが周りなので、地味に写ってしまいます・・・

P8250335a

  その昔、美馬牛あたりからこの未開の土地に侵入したことがありますが・・・

  当時何もなかったので、方向感覚をなくし、同じところをぐるぐるとまわっていたことを思い出します・・・

  その当時、美瑛と言っても・・・「それ、どこ?」と言われていたこの地も、もはや北海道を代表する景観の地に・・・

  感慨深いものがあります・・・

  美瑛の丘の景色は、現地の方が血に滲むような努力の結果作られたもの・・・

  間違っても、その中に入り込み、植生を壊すことのないようにお願いします・・・

  今年は、残念ながら北の地に立つことはできませんでしたが、来年は、また是非とも再開したいと思っています。

2012年8月26日 (日)

2010 風のガーデン その2

  昨日に続き、風のガーデンを・・・

  紫が涼しげです・・・P8250279a

  蝶も引き寄せられてきます・・・

P8250280a

  トンボも引き寄せられてきます・・・

P8250298a

  このグリーンは・・・P8250283a

  見事な空間美・・・P8250289a

  花火のようです・・・P8250292a

  鮮やかに自己主張・・・P8250307a

  グラデーションが美しい・・・

P8250308a

  ゆったりとした時間に、ゆったりとした風が頬を撫ぜて行きます・・・

  花の種類も豊富で、見飽きることがありません・・・

  そして、この地を歩くと、ドラマの場面が甦ってきます・・・

  このガーデンが、どのように進化していくのか、しっかりと見届けたいと思います。

  明日は、美瑛・四季彩の丘をお届けします・・・

2012年8月25日 (土)

2010 風のガーデン その1

  昨年も訪れた風のガーデンへ・・・

  富良野近辺を通ると、素通りできません・・・

  富良野プリンスを目指し・・・

  入口に到着です・・・P8250269a

  ルドベキアの群落です・・・

P8250270a

  珍しいですね・・・P8250273a

  濃いピンクです・・・P8250274a

  何という美しさでしょう・・・P8250276a

  紫もあります・・・P8250284a

  カンパニュラもありました・・・P8250278a

  行くたびに新しい発見があります・・・

  花の香りの中、とても癒された気分になれます・・・

  明日に続く・・・

2012年8月24日 (金)

紫竹ガーデン その2

  昨日に続いて、紫竹ガーデンを・・・

  次なるエリアへ・・・

  薄い紫色が・・・P8240230a

  オレンジの造形・・・P8240232a

  堂々とした存在感・・・P8240233a

  自然は素晴らしい・・・P8240238a

  地面付近を彩る・・・P8240241a

  全部開くと・・・P8240244a

  こんなベンチも用意されています・・・P8240247a

  トマトです・・・P8240250a

  何て美しいんでしょう・・・P8240254a
  名物おばあちゃんがおられるのですが・・・

  ブルーベリーの実がなるエリアで、鑑賞していると・・・

  「食べてごらんなさい・・・」とお声が掛かった・・・

  いわゆる、紫竹おばあちゃんだ・・・

  「いいんですか・・・」の声に、「どうぞ・・・」と返ってきたので、遠慮なく・・・

  とても濃い味でした・・・

  どうやら、食べごろの果実を御案内いただいたようです・・・

  咲く花も、色鮮やかで、自己主張をしています・・・

  そして、その花々の美しいこと・・・

  特に、最後の写真・・・

  立ち止って、溜め息をついてしまいました・・・

  とても贅沢な時間を過ごさせていただきました・・・

  ガーデン巡りは、まだまだ続き・・・

  明日は、再訪の風のガーデンをお届けします・・・

2012年8月23日 (木)

紫竹ガーデン その1

  六花の森から、西へと移動し、紫竹ガーデンへ・・・

  可憐な花がお出迎え・・・P8240211a 

  竜胆も雨に打たれて・・・P8240214a

  ガーデンの中へ・・・P8240217a

  黄色が鮮やかです・・・P8240218a
  赤も鮮やかです・・・P8240222a

  ダリアも自己主張・・・P8240223a

  気品高い白です・・・P8240225a
  ナチュラルガーデンです・・・P8240226a
  敷地が広く、明日へと続きます・・・

2012年8月22日 (水)

六花の森

  真鍋庭園から国道を南下し、六花の森へ・・・

  もちろん、六花亭とタイアップしています・・・

  入場料を支払うと、おやつが配布されます・・・

  中に入ると・・・いろいろな花が出迎えてくれます・・・

  トリカブトです・・・P8240191a

  ハマナスです・・・

  早朝の雨が残っています・・・

P8240194a
  ハマナスの実です・・・P8240195a

  小川が流れています・・・P8240199a

  赤い実が鮮烈です・・・P8240201a

  シダが綺麗です・・・P8240202a

  ユリの群落です・・・P8240204a
  何があるというわけではありません・・・

  訪れた時は、まだマイナーの地であり、人はまばら・・・

  今現在どうなっているのかはわかりませんが・・・

  敷地は広く、ゆっくりと見て回ることができます・・・

  人と違うところを・・・と思われている方には、いいところかも・・・

  ガーデン巡りは、まだまだ続き・・・

  明日は名物おばあちゃんのいる、紫竹ガーデンをお届けします。

2012年8月21日 (火)

真鍋庭園

  ガーデン巡りの一環の帯広にほど近い真鍋庭園へ・・・

  入口です・・・

  なかなか、お洒落な感じです・・・

  天気がよさそうに見えますが、未明まで豪雨で、実は受付で長靴をお借りしました・・・

P8240151a

  日本庭園です・・・P8240157a

  雪見灯篭があります・・・

  なかなか渋いです・・・P8240158a

  池に蓮を発見しました・・・P8240160a

  ヨーロッパガーデンへと分け入ります・・・

P8240165a

  P8240166a

  P8240170a

  立派な滝もあります・・・P8240175a
  日本庭園とヨーロッパガーデンが共存しています・・・

  見どころとしては、やはりヨーロッパガーデンでしょうか・・・

  植生が明らかに違います・・・

  日本庭園に慣れていると、何か新鮮さを感じます・・・

  中は結構広いので、ゆっくりと味わいながら歩かれることをお勧めします・・・

  庭園の横には、国道が通っているのですが、そんなことを全然感じさせません・・・

  異空間の体験を是非・・・

  ガーデン巡りは続き・・・明日は、六花の森を紹介します・・・

より以前の記事一覧